img02

主体的に生きる姿勢を

個々の子どもの自由な意思や発想を大切にした遊びによって創造性を養い、主体的に生きる姿勢を育てています。

img03

自然の中で探究心を

広い園庭や自然のままに残された山があり、園内でたけのこ堀りをしたり、花や野菜を植え、子どもたちが種まきから収穫まで世話を続けています。

img04

国際人として幅広い視野を

中山手時代から、積極的に外国人幼稚園との交流を図り、平和を愛する国際感覚を育てるよう心がけています。

歴史沿革

頌栄幼稚園は、1889(明治22年)、神戸市中山手通り5丁目に、アメリカ人宣教師アニー・L・ハウによって設立された、神戸で最も長い歴史のある幼稚園の一つです。
ハウは、日本における幼稚園教育の先駆者の一人であり、本園は、日本にまだ幼稚園がほとんど存在していなかった明治期から本格的な幼児教育を行い、そのことはGLORY KINDERGARTENの名で広く海外にまで知られておりました。

 

1933(昭和8)年、中山手通り6丁目に近代的園舎を新築、移転し、1980(昭和55)年にはより広い遊び場と自然を求めて御影山手の現在地に移って今日に至っています。創立以来、一貫してキリスト教の精神とF.フレーベルの教育思想に基づいた保育を行い、100有余幼な子と共に歩んできました。

「幼児期から心の教育の大切さ」が叫ばれる今日、頌栄幼稚園は多くの幼児たちの、こころとからだの、望ましい成長に役立ちたいと願っています。

PAGE TOP
MENU